キャバクラの体験入店って何?

大学生が就職活動を行うとき、インターンシップと呼ばれる制度を利用することがあります。
いわゆる、職業体験というものです。
入社前にその企業で働いて、「こんな感じか」と雰囲気や仕事内容などを知ることを目的として実施されるわけですね。

キャバクラでも似たようなシステムがあります。
それが「体験入店」と呼ばれるもの。
全てのお店で実施しているわけではないですが、最近ではキャバクラでのお仕事を知ってもらおうと、多くのお店が導入しているシステムでもあります。
略して「体入」とも呼ばれていますね。

キャッシャーでもこの体験入店が可能なお店が多くなってきているので、もしこのお仕事に興味があって、でもいきなり雇用契約を結ぶのは不安だという男性がいれば、お試し的な感じでこの体入制度を利用してみてはどうでしょうか。

応募先を決めるときには、「体験入店できます!」と書いてあるお店を選ぶか、もしくはそうした記載がなければ直接問い合わせて、お試し入店のようなことができるかどうかを尋ねてみましょう。

もし不可能なお店があったら、選択肢から外してもいいかもしれません。
未経験者の持つ不安な気持ちを拭ってくれる制度があるかないか、これはお店選びの際の重要な要素になりますから。

こんなにあります体入のメリット

「もうキャッシャーとして働くことは決めてるし、仕事内容も大体わかってるからお試し勤務なんて必要ない」と感じる男性は、それでもいいのかもしれません。
でも、体験入店のメリットは他にもあるので、一応押さえておいた方がいいですよ。

体入は、何もキャッシャーとして働こうか迷っている人のためだけのシステムではありません。
具体的な仕事内容を把握できるメリットはありますけど、それだけでもないんです。

キャバクラって、お店によって雰囲気や客層、社員の対応なども全然違うんですよ。
店員さんも含めとても明るい雰囲気のお店もあれば、逆にどんよりとした雰囲気のお店もあるんです。

紳士的なお客さんが集まるお店がある一方で、ちょっとやんちゃで、本来は店側が主張する「お客様は神様です」をお客さん自らが主張するような、そんな横柄な態度の人が集まるお店もあります。

体入制度を利用すると、どんな雰囲気のお店なのか、どんなお客さんが集まるキャバクラなのか、そうしたことがよくわかるんです。
どうせなら明るい雰囲気で紳士的なお客さんが集まり、優しい社員さんのいるお店で働きたいと思いませんか?
勤務環境にこだわるなら、体験入店をしてから働くお店を決めることをおすすめします。

キャッシャーのメリットと適性
さっそく体験入店してみよう